平屋の間取り(プラン)を考える

平屋の間取り(プラン)を考える

平屋住宅は、階段の上り下りの手間がないので老後に予想される介護のしやすさは抜群ですし、耐震性にも優れています。管理コストでも足場が不要ですから外装メンテナンスが安くあがります。

サイトトップ > 平屋住宅の良さ

スポンサードリンク

平屋の間取り(プラン)を考える

平屋住宅の良さ


現在、団塊世代の間では特に平屋住宅に人気が高まっているようです。住環境研究所が行った「老後の理想の家」のアンケート結果では、平屋の方がいいと考えている人が40%以上もいたそうです。


平屋住宅は、木造和風な外観が似合いますし、間取りの空間も自由に設計できるなど、一般的な2階建住宅と比べても利点がたくさんあります。又、階段の上り下りの手間がないので老後に予想される介護のしやすさは抜群ですし、耐震性にも優れています。管理コストでも足場が不要ですから外装メンテナンスが安くあがります。将来、夫婦二人だけの生活を考えたとき、平屋住宅は理想に近いスタイルとなるでしょう。


もちろんデメリットもあります。それは基礎部分や屋根部分が住宅面積全てにかかってくることで、2階建てと比較すると、建設コストが割高になってしまうことです。更に、敷地面積がある程度の広さでなければ庭や駐車場などを確保できませんから、都市部近郊ではよけいにコストが上がります。もともと平屋は究極の贅沢といわれるのもそんな理由があるからです。しかし、そんな平屋の短所をできるだけカバーするレイアウトを考えるのが設計のコツで、メーカー各社では新築でもローコストを目指した商品もあります。


平屋の間取り(プラン)を考える

MENU



スポンサードリンク